すべての学生を輝かせる

留学概要

  • HOME »
  • 留学概要

日本語学校への留学コース

なぜ日本語学校を選ぶのか

1:チャンスが多い 毎年4回入学機会がある
2:早い 審査時間が短い
3:条件が少ない 35歳以下で、12年の教育を受けていれば、誰でも申し込める
4:条件が易しい 日本語能力に対する条件が易しく、J・test F級あるいはN5を持てば申請可能
5:学校数が多い 受け入れ可能学校数が多く、提携校は東京と大阪を中心とし、日本の主要都市をカバー
6:学生満足度が高い 申請者のニーズに応じて、推薦制度がある

費用について

学費(大阪地域の日本語学校の学費の場合)単位:日本円

一学年 二学年
入試代  30,000
入学金  80,000
授業料 660,000 660,000
雑費  20,000  20,000
合計 790,000 680,000

生活費(大阪で月あたりの生活費用)単位:日本円

家賃 40,000
食費 40,000
公共料金(水・電気・ガスなど)  7,000
本代  2,000
その他 15,000

留学手数料

書類申請の時に実際かかった費用(書類代、申請料及び翻訳料)のみ

留学申請の手順

ステップ1 留学の問い合わせ・審査(無料)
ステップ2 学生の状況に応じて留学を企画し、プランを設定
ステップ3 学生の国外の大学入学許可申請をサポート
ステップ4 ビザ申請の書類を提出

ポイント:ビザが取得できない場合、料金は発生しません。

留学の豆知識

海外で12年以上の学歴を有する者は日本留学することができる
日本語初心者の者は、まず日本語学校に入って、基礎の日本語を勉強してから、日本の大学、大学院へ
日本語能力N1の資格を持っているものは、直接日本の大学院の研究生あるいは、院生の試験を受けることができる
欧米への留学を計画する者は、まず日本での留学を通じてから欧米の大学へ学位の取得や交換留学などの申請を出すことが出来る

アルバイトについて

 日本国政府は外国人留学生に法律で定めた範囲内での資格外活動を許可している。これによって、日本人と日本社会との関わりを深め、収入を得ることができる。

 大阪市内でアルバイトの時給は平均800円。法律では、留学生の資格外活動は学校がある時期に週に28時間以内しかできない。しかし、夏休みや冬休みなど長期の休みの時期にはその制限はない。自分の力で得たお金で学費はもちろん、親孝行も、皆さん次第です。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社LM榮輝 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.